便利な紙袋を積極的に利用しよう

私たちは買い物をするときに紙袋をもらうことがあります。今はどちらかというと軽くて丈夫なビニール袋などをもらう事も多いですし、マイバッグの利用なども進んできているので目にする機会は少なくなってきてはいますが、まだまだ紙でできた袋は利用されることが多いです。
何よりうれしい点として、デザインや形の幅が広いということが挙げられます。紙でできているからこそ、印刷することであらゆるデザインを実現できますし、形もいろいろなものが作れます。持ち手を付けてバッグのようにしたしっかりしたものから、単なる袋状のものなど、用途に応じて選んで使えるのは便利です。使用後に汚れていなければ再利用できるのもうれしいところです。せっかく手にしたものですから、買い物後も積極的に活用していきましょう。

キレイなものはそのままの形で再利用

ファッションショップでもらう袋などは、おしゃれな見た目のものも多いです。しっかりした作りのものもあり、意外と綺麗なままであることも多いです。そのようなものは、そのまま再利用してみましょう。着替えなどかさばるものを持ち運ぶときに使うとおしゃれな印象ですし、意外としっかりしているので使いやすいです。
さらに、収納として利用することもできます。同じようなデザインの袋がいくつかあれば、用途別などで分類して服や小物をしまい、並べておくと統一感のある収納になります。全体の色をそろえるのがポイントです。おしゃれな見た目の物であれば、並べてあるだけでおしゃれな印象になります。こうした形で使えそうな紙袋があれば、ストックしておくと家の外でも中でも活用できて便利です。

紙だからこその加工しやすさを生かして

バッグとしての利用方法や、収納としての利用方法など、できるのはわかっているけれどわざわざ再利用する意味がないと考える方も多いでしょう。しかし、紙だからこそのメリットというものもあります。
それは、加工がしやすいという点です。例えば収納に使うときに高さが合わないという場合、上部を切り取って合わせてしまうという事もできます。さらに、折り返すことでも調整がききます。また、バッグとしてのそのまま持ち歩くのではなく、シールなどでデコレーションを施すというのも楽しいものです。オリジナリティも出てより愛着のわくアイテムとなることでしょう。
私たちが利用している資源には限りがあります。せっかく手にした紙袋を、暮らしの中で積極的に活かし、楽しんでいきたいものです。